災害時に車中泊をする場合の注意点

押さえておきたい!災害時、車中泊をする時の注意点

車中泊のデメリット

災害時には、車の中に避難をする方が増えていると聞きます。
車中泊をする際、そのメリットとはどういうものなのでしょうか?
また、車中泊をしても大丈夫な人、そうでない人はどのようなものなのでしょうか?

車中泊をする際の一番のメリットは、プライバシーが避難所に避難するよりも守られる点だそうです。
避難所に避難すると、段ボールの仕切りがあるとはいえ、大人数が一緒のところで生活することになります。音や、人の気配で、十分にリラックスすることはむずかしいことも多々あると思います。

車の中ですと、一応ロックをすれば防犯にもなりますし、家族だけでその場所にとどまることが出来ます。
また、暑い夏であれば、多少エアコンなどで涼むことができます。
また、なにより、ラジオがつけられるので、情報が手に入ることもメリットの一つです。スマートフォンや携帯の充電も器具を持っていれば、車の中で充電可能です。

概して車中泊向きの人々というのは、男性の単身者、またペットを飼っていて避難所にどうしても避難できない人などだそうです。
反対に車中泊を避けたほうが良い人々とは、体の弱い高齢者、女性の単身者だそうです。
体力があって、多少の無理はきく人、防犯面でもあまり心配のない男性単身者などは車中泊に向いているようです。
小さなお子さんのいらっしゃる家庭は、子供さんのことで、色々な気を遣わなくてもいい点では、車中泊は向いているようです。しかし、大きなお子さんがいらっしゃる家庭では、車中泊ですと眠る場所も限られてきて、スペース確保が難しいため、避難所のほうが向いているとのことです。

車中泊のメリット

プライバシーも守られて、メリットもある車中泊ですが、それはそれでデメリットもあります。 このページでは、車中泊のデメリットについて調べてみます。 災害時、自分たちの家庭、家族では避難所と車中泊とどちらを選べばよいか、参考になさってみてください。

車中泊をする際に注意しなければならないこと

大勢が集まる場所が苦手な方や、プライバシーを保ちたいと強く願う方にはおすすめの車中泊ですが、持病があったりして体の弱い方、高齢の方は避けたほうが良いようです。 このページでは概して車中泊をする際に注意しなければならないことについて調べてみました。

普段から準備しておくと良いもの

「備えあれば憂いなし」…とは昔からよく言いますね。 もし災害時に車中泊をお考えの方は、普段の生活の中で車の中に準備しておいたほうが良いものがあるそうです。 このページでは車中泊をする際にあると便利なものについて調べてみました。 ご参考になさってください。